エステの脱毛の注意点

エステの脱毛の注意点

エステの脱毛の注意点

脱毛は「医療行為」ということになっています。クリニックという名の医療機関や、美容外科、皮膚科の中にも脱毛のコースを設け、力を入れているところは少なくありません。

 

では、エステサロンで行われている脱毛は医療行為ではないのでしょうか。

 

私たちが脱毛を受けようと思い、ホームページなどで比較する場合、「医療行為」であるのかどうかはさほど強く意識はしていないでしょう。

 

気にしていることといえば、「料金は高いか安いか」「脱毛コースが終了するまで何回通い、どれだけの期間がかかるのか」「痛みがあるのかどうか」「本当に効果があるのかどうか」といったことでしょう。

 

でも、本当にしっかりとした効果があるのなら、それは「医療行為」としての脱毛でしかあり得ないのです。

 

結論をいうとエステサロンの脱毛は医療行為ではありません。ですから、「永久脱毛」との表現はしてはいけないことになっています。

 

クリニックなどで使われているレーザー脱毛機器に対し、多くのエステでは光脱毛機器が採用されています。

 

光脱毛機器は効果がさほど強くなく、レーザー機器よりより多くの回数照射をうける必要があります。また、いったん施療が終了し、脱毛が完了したとしても、注意が必要です。現在のところ、「永久に二度と生えてこない」とは検証されていないのです。

 

また、エステ全体からすると、一部でしかないのでしょうが、違法行為も見られます。「本来使ってはいけない医療用レーザーを導入して施療をした」「光脱毛の効果を高めるため、出力を上げて、やけどを起こさせた」。時に警察による逮捕にまで至ることがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ