レーザー脱毛でしっかり永久脱毛

レーザー脱毛でしっかり永久脱毛

レーザー脱毛でしっかり永久脱毛

エステやクリニックで採用されている脱毛方法は主に三つあります。

 

かつて主流だったのは、ニードル脱毛でした。またの名を電気脱毛。

 

名前に付いているように、細い金属棒(ニードル)に電流や高周波を流します。毛穴一個一個に刺し、熱で毛根を焼いていきます。

 

完全な手作業ですから、施術する人により、上手下手の差がはっきり出ます。痛み、炎症などのトラブルが出ることも多く、次第に採用するエステが減っています。が、効果が確実なので一部では続けられています。

 

これに取って代わり、エステで主流になっているのが、光脱毛です。皮膚の上からある特定の強力な光をあて、メラニン色素に熱を持たせます。メラニン色素は毛を作り出す毛根のそばにたくさん存在しています。やはり毛根を焼くことになります。

 

「まったく痛みがない」と宣伝されることも多いのですが、個人差はあります。また、一度の施術だと、次に生えてくる毛が、前の毛よりは細くて頼りなくなる……といった程度です。脱毛したといえるようになるまでには、繰り返し施術を受ける必要があります。

 

これと似た方法にレーザー脱毛があります。光の代わりにより強力なレーザー光を使います。この機器は医療用なので、美容外科、皮膚科、クリニックなど医師のいるところでのみ使用できます。

 

強力な分、トラブルも光脱毛より懸念されるところです。が、もともと医師の監督下でしか使用できないため、万一の時もすぐに対応できるようです。

 

一回当たりの費用は光脱毛より高くなります。が、施術回数が少ないため、最終的な費用としてはそれほどの大差にはならない場合もあるようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ